スマホで見られる最新ニュース > かすみがうらマラソン

星占いカウントダウン

【フラッシュポエム】人生の休憩「無職」とは?【山田ケンタウルス】
2018/04/22 17:19親戚が集まる場所は避ける求人検索が立派な就活それっておごり?職業訓練校という給付金でとりあえず明日にしようなにかと一発狙い曜日感覚が狂う年齢より若い話題が幼稚すぐに辞める面接に行くの...

NHK、最近しつこくない?4/23(月)の星占いカウントダウン【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:452018年4月23日(月)の星占いカウントダウン2018年4月23日(月)の 第12位 双子座緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2...

【双子座/星占い/星座】4/23(月)から1週間分の星占い【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:12双子座2018年4月23日(月)緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2018年4月24日(火)大事な人には、些細なことでも報告...

『かすみがうらマラソン』のニュースを検索

かすみがうらマラソン:往年の名ランナー、完走へ意気込み 2万人超がエントリーする国内最大級の市民マラソン「第28回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン」(茨城県土浦市、同県かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)が15日、土浦市のJ:COMフィールド土浦を発着点とするコースで行われる。
かすみがうらマラソン:1万6509人、激走 第28回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン(茨城県土浦市、同県かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)は15日、土浦市のJ:COMフィールド土浦(川口運動公園陸上競技場)を発着点とするコースで行われ、盲人(視覚障害者)、ウオーキングの各部門を含め計1万6509人が参加した。
一流アスリートの観戦にチケットが不要! マラソン競技を東京五輪で120%楽しむコツ ~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第61回~  フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポ…
「かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2018」4月15日(日)「J:COMチャンネル茨城」で生中継! [J:COM] [画像1: https://prtimes.jp/i/7676/609/resize/d7676-609-993121-1.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/7676/609/resize/d7676-609-352143-2.jpg ] 今年で28回目を迎える「かすみがうらマラソン」は、国内外...
フルマラソン挑戦のマギー審司にサンド伊達「手品でゴールすんじゃねえぞ」 マギー審司とたんぽぽ白鳥が、バラエティ番組「東北魂TV」(BSフジ)の代表として、「東北・みやぎ復興マラソン2018」のフルマラソンに挑戦。この記者会見が本日4月20日、都内で開かれた。
マラソン初心者が怪我防止のためにやるべき筋力トレーニング | ALPEN GROUP RUNNING | アルペングループランニング 2017.10.09 マラソン初心者が怪我防止のためにやるべき筋力トレーニングを人気ジムの代表、金宏明氏が語る 過ごしやすい季節の到来とともに、本格的にマラソンのシーズンが始まりました。「今年こそマラソンを始めよう」と考えている方や、「ほとんど走ったことがないのにマラソン大会に申し込んだら、当たってしまった」という初心者ランナーもいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は「マラソンに興味はあるもの...
マギー審司&白鳥久美子、地元・東北のフルマラソン挑戦!フジ笠井アナも急遽参戦 東北出身の芸人が集結するバラエティ番組『東北魂TV』(BSフジ、毎週日曜23:00~)に出演中のマギー審司と、たんぽぽの白鳥久美子が、10月14日に開催される「東北・みやぎ復興マラソン2018」でフ…
神野大地が泣き崩れるに至った、東京マラソンのレース状況を密着ルポ 神野プロジェクトRoad to 2020(14)東京マラソン・前編(前回の記事はこちら>>)トレーニング後のアイシングをしながら、東京マラソンを振り返る神野神野大地は泣いていた。東京マラソンを走り終えた神野が中野ジェームズ修一と言葉を交わすと、みるみるうちに表情が歪み、堰(せき)を切ったように涙がこぼれ落ちた。嗚咽(おえつ)をこらえ、そのままミックスゾーンを通りすぎてエレベーターで選手控室に戻った。部屋でクールダウンをし、気持ちを落ち着かせると神野は 全文 Sportiva 03月23日17時45分
どうして日本では、これほどまでにマラソンが盛んなのか?=中国メディア 中国メディア・東方網は11日、日本のマラソン文化の普及ぶりについて紹介する記事を掲載した。記事は、「日本についてはいろいろあるが、マラソンという運動については、市民の参加度、エリートの競技レベルなど様々な面から見て、われわれが学ぶに値する点が数多く存在する」とした。そのうえで、「日本は環境も気候も長距離走に十分適しており、マラソンは身長の高さに対する要件が厳しくないため、欧米人よりも背丈で劣る日本人にもハンデがない。そして、勇敢さ、強靭さ、 全文 サーチナ 04月12日 15時12分
中国のランナーを傾倒させる、日本の「マラソン精神」=中国メディア 中国メディア・東方網は24日、「中国のマラソンランナーが、日本のマラソンのサービス精神に傾倒させられた」とする記事を掲載した。記事は、「日本には何事も諦めないという恐ろしい精神がある。この精神により、日本の技術、芸術、教育、サービスが世界トップレベルにまで進歩したのだ。そして、この執拗さの精神が発揮されているのが東京マラソンなのだ」とした。そして、「東京マラソンのサービスは本当に、跪いてのサービスという言葉で形容する他ない。これはもちろん褒 全文 サーチナ 03月27日 12時12分
【水戸黄門漫遊マラソン】ベテランランナー・水戸の木内紀子さん「楽しい、大会は励み」 「水戸黄門漫遊マラソン」に3回目のエントリーを予定する水戸市在住の木内紀子さん(77)は、約30年のマラソン歴を誇るベテランランナーだ。市内の千波湖畔で練習に明け暮れ、数々の大会を走り抜けてきた。「仲間が一緒にいるから走れる。大会は励み」とマラソンに生きがいを感じている。朝5時ごろ、千波湖を訪れる。約3キロのコースを5周走るのが日課だ。大会で結果を出そうと練習する中で、友人たちと会って言葉を交わす楽しさも味わっている。昭和30年代、夫の転勤 全文 産経新聞 04月17日07時05分

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/04/22 21:25更新