スマホで見られる最新ニュース > タックル協議せず

『タックル協議せず』のニュースを検索

日大理事会 タックル協議せず アメフトの試合で関学大の選手にタックルを浴びせ負傷退場させた選手が所属する日大は、理事会を開催した…
日大監督は「逃げてないで顔出して謝罪すべき」 アメフト問題に尾木ママ怒る 大学アメリカンフットボールの試合中、日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをした問題で、教育評論家の尾木直樹氏が激怒している。2018年5月14日のブログで、日大の監督に「顔出して謝罪すべき」と要求した。タックルを受けた選手は全治3週間の大ケガを負った。尾木氏は監督のみならず、捜査当局やスポーツ庁に対しても、問題に対応すべきではないかとの意見を述べている。内田監督は大学の理事も兼任6日に行われた両大学の定期戦は、日大のディフェンスの選手がラフ 全文 J-CASTニュース 05月15日13時21分
日大、関学大の会見を受けコメント 「ご批判は甘んじて」と平身低頭 アメリカンフットボールの定期戦で日大選手が悪質なタックルをした問題で、関学大は26日、兵庫県西宮市内で3度目の会見を開き、鳥内秀晃監督(59)、小野宏ディレクター(57)、負傷選手の父で大阪市議の奥野康俊氏(52)が出席した。24日に日大から受け取った再回答書に対して、「選手の安心、安全を担保することができない」として、51回続いた定期戦は当面、中止すると発表。これまでの回答や態度から、タックルをした日大の宮川泰介選手(20)の主張を支持し、サ 全文 デイリースポーツ 05月27日06時01分
日大アメフトの危険タックル、鈴木長官「容認できない」 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の選手の悪質な反則で関西学院の選手が大けがをした問題です。スポーツ庁の鈴木大地長官が、「危険なプレーで容認できない」と批判しました。  パスを投げ、仲間のプレーを見守る青色のユニフォームを着た関西学院大の選手。その2秒後、突然、突進してきた日大の選手から、膝の辺りにタックルを受け倒れこみます。  これは、今月6日、東京都内で行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大の守備選手が関学のクォーターバックに悪質な反則をした瞬間の映…
大学に強制捜査も!日大アメフト問題、現役部員が「下剋上」宣言 日本大学アメリカンフットボール部の「悪質タックル騒動」が急展開しそうだ。関西学院大との定期戦で相手のクオーターバック選手を故障させたこの「事件」の焦点は、内田正人前監督、井上奨コーチの指示があったのか...
大学に強制捜査も!日大アメフト問題、現役部員が「下剋上」宣言 日本大学アメリカンフットボール部の「悪質タックル騒動」が急展開しそうだ。関西学院大との定期戦で相手のクオーターバック選手を故障させたこの「事件」の焦点は、内田正人前監督、井上奨コーチの指示があったのかどうか。だが、両氏の否定会見を「信じられない」とする声のほうが圧倒的に多い。「その5月23日の日大側の会見後、被害者側の父親が自身のフェイスブックを更新しました。現職の大阪市議である奥野康俊氏は次回選挙に出ず、この問題と向き合っていく、と。学校スポ 全文 アサ芸プラス 05月25日 17時59分
大学に強制捜査も!日大アメフト問題、現役部員が「下剋上」宣言 日本大学アメリカンフットボール部の「悪質タックル騒動」が急展開しそうだ。  関西学院大との定期戦で…
【アメフット】悪質タックル招いた? 日大・内田監督の学内での強大すぎる権力 6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦(東京)で、日大の守備選手が悪質なタックルを仕掛けて関学大クオーターバック(QB)選手にケガを負わせた問題は、一向に収まる気配を見せない。15日にはスポーツ庁を訪問した日本協会の国吉誠会長(61)が、騒動を陳謝した。一方で悪質行為が日大アメフット部の内田正人監督の指示であったことが指摘されるが、日大関係者からは同監督の強大すぎる「権力」を問題視する声も上がっている。関学大アメ 全文 東スポWeb 05月16日16時30分
【アメフット】悪質タックル招いた? 日大・内田監督の学内での強大すぎる権力(東スポWeb) - Yahoo!ニュース お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。 Internet Explorerのアップデートについて 6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦(東京)で、日大の守備選手が悪質なタックルを仕掛けて関学大クオーターバック(QB)選手にケガを負わ...
アメフット日大選手が退部決意、反則プレー監督指示 - スポーツ : 日刊スポーツ アメリカンフットボールで対外試合出場禁止処分を受けた日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。日大関係者が15日に明らかにした。6日の関学大戦で、パスを投げ終えて無防備なQBに背後からタックルするなど3度のラフプレーで退場し、関東学生連盟から処分も騒動は拡大する一方。責任を感じて決意したという。関係者は反則が内田正人監督の指示だったとも明かした。内田監督は連盟へ10日付で8月末まで現場指導...
アメフット:日大「内部崩壊」 父母会などから批判続出 「宮川君の方が正しい」  日本大アメリカンフットボール部の選手による悪質なタックルを巡る対応は学内からも批判の声が上がるようになった。3年生の宮川泰介選手(20)への反則指示を否定し続ける内田正人前監督(62)や井上奨元コーチ(29)に対し、選手の父母会や教職員組合からも批判が続出して「内部崩壊」が

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/05/27 12:05更新