スマホで見られる最新ニュース > 判断ミスで対応後手

『判断ミスで対応後手』のニュースを検索

日大学長 判断ミスで対応後手 悪質なタックル問題を起こしたアメリカンフットボール部について、日本大学の大塚学長が謝罪した。対応が…
PK蹴り直し問題は「誤審×適用ミス」“ケンケンキック”は正しいキック…審判委員会発表 日本サッカー協会は12日、6日の天皇杯2回戦名古屋(J1)―奈良クラブ(JFL)戦(パロ瑞穂)における審判員の適用ミスでPK戦のやり直しが決定した問題で、臨時の審判委員会を開いた。問題となった奈良クラブ4人目の選手の「キック前に軸足を数歩動かす動き」について、取材陣に対応した小川佳実審判委員長は「彼は正しいキックであったと最終見解を出した。あれは助走の一部。助走中は何をしても構わないところをフェイントとして判断してしまった」と“誤審”があった 全文 スポーツ報知 06月12日 18時21分
「判断ミス」日本代表GKも衝撃、守護神デ・ヘアの痛恨プレー分析「足が無難」 「結果論」と前置きしつつ、GK東口がスペイン代表GKデ・ヘアの対応に言及14日のロシア・ワールドカップ(W杯)が開幕し、15日にはグループリーグ注目カードの一つであるポルトガル対スペイン(3-3)が行なわれた。この試合でスペインのGKダビド・デ・ヘアがまさかのポロリで後逸から失点。そのミスは大きな注目を集めたなか、日本代表GKも独自視点で分析。「足で弾き出すのが無難」と持論を展開した。ポルトガルが開始4分にFWクリスティアーノ・ロナウドのPKで先制した試合は、前 全文 Football ZONE web 06月1…
災害訴訟で時に管理者寄りとも取れるコメントを出す研究者 大地震や風水害が発生すると、行政や企業など管理者の責任を問う訴訟がたびたび起きる。こうした訴訟の判決時、新聞社から専門家としての意見を求められると、時に管理者寄りとも取れるコメントを出す研究者がいる。災害情報学を専門とする静岡大教授の牛山素行さんだ。「大切な人を亡くした遺族に対するいたたまれない気持ち。また、『もう少し何とかなったのではないか』という思い。それらは私にもあります。それでも、管理者側の責任を、あまりに強く問い過ぎていると感じた判決 全文 THE PAGE 06月06日13時30分
日大学長、問題の危険タックル「ウチが相当ひどいことをしたというのは認識しています」 日大の大塚吉兵衛学長(74)が25日、東京・市ヶ谷の同大本部でアメリカンフットボール部の選手が悪質な反則を犯した問題で緊急会見した。今回の対応が後手後手に回っている点について大塚学長は「グラウンド内のことだからと判断してしまっていたのが、僕のミス」と話した上で問題の危険タックルについて「ウチが相当ひどいことをしたというのは認識しています。『ちょっと(タックルが)遅れているね』と…」とコメント。「部と部の問題と一任しちゃったのは私の不徳の致す 全文 スポーツ報知 05月25日 17時15分
モンスターペアレントや客からの無茶ぶり、プロならこう受ける 日常生活でもビジネスの場でも、私たちは周囲からの指示や要求に対し、「イエス」か「ノー」の二択で判断…
和歌山市:3万5000世帯で水道水濁る 操作ミスか 和歌山市は29日、28日午後6時ごろから同市高松や和歌浦など南部9地区の約3万5000世帯で水道水が茶色く濁るトラブルがあったと発表した。供給元の配水池での操作ミスが原因とみられる。体調不良など健康被害は報告されていないが、地区内の小学校で給食が中止になるなどの影響が出た。市の対応も後手に回り、市
天皇杯“前代未聞”の再PK戦に…一般からの問い合わせで発覚「クリティカルなミス」 日本サッカー協会(JFA)は11日、天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会の2回戦の名古屋グランパスと奈良クラブの一戦において次ラウンド進出チームの決定に直接影響を及ぼす、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあったことが確認されたことを発表。同日、会見を開き、説明を行った。名古屋と奈良の一戦は1-1のまま120分を経過して、PK戦に突入。奈良が2-4で迎えた4人目、金久保彩のキックはネットを揺らしたが、主審がキックフェイントと判断して、蹴りなおしを 全文 SOCCER KING 06月11日20時1…
勝利2日後に敗戦の通達も…奈良クラブ、PK戦やり直しの経緯と見解を発表 JFLに所属する奈良クラブが、天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会2回戦のPK戦やり直しについて見解を発表した。奈良は今月6日、名古屋グランパスとの天皇杯2回戦に臨んだ。120分を終えて1-1と決着がつかず、PK戦に突入。奈良が2-4で迎えた4人目、金久保彩のキックはネットを揺らしたが、主審がキックフェイントと判断して蹴り直しを命じた。再度のシュートもゴールネットを揺らして3-4となると、名古屋の5人目が失敗して同点に。最終スコアは5-4で、奈良が3回戦進出を決 全文 SOCCER KING 06月15日…
GK川島永嗣を交代させるべきか? 急増したミスの意外な要因(清水英斗) 主力組で臨んだスイス戦は、0-2で敗れた。その一方、サブ組を起用したパラグアイ戦は4-2で勝利している。どちらが、コロンビア戦のメンバーとなるのか。 GK川島永嗣の交代論も勢いを増している。 続きを読む
天皇杯PK戦やり直しは競技規則適用ミス…一般からの問い合わせで発覚、審議 あってはならないミスだった。6日に行われた天皇杯2回戦の名古屋グランパス対奈良クラブにおいて、PK戦のやり直しが決定した。奈良クラブの4人目で蹴ったMF金久保彩に対する競技規則の適用ミスがあったためだった。日本サッカー協会(JFA)の説明によると、PK戦で奈良クラブの4人目のキッカーだった金久保の蹴る前に動きを入れた行為について、清水修平主審はフェイントと判断した。しかしここで競技規則の適用ミスがあった。規則に従えば、当該選手を警告とし、キックは失敗とな 全文 ゲキサカ 06月11日19時26分

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/06/18 16:55更新