スマホで見られる最新ニュース > 夫婦別姓訴訟 国は争う姿勢

星占いカウントダウン

本田圭佑(双子座)の仕事運が気になる4/20(金)の星占いカウントダウン
2018/04/19 12:432018年4月20日(金)の星占いカウントダウン2018年4月20日(金)の 第12位 牡牛座片思いの相手を振り向かせたいのなら、ライバルの存在は無視!マイペースに、自分らしさを大事にしていてください。2...

【牡羊座/星占い/星座】4/20(金)から1週間分の星占い
2018/04/19 12:02牡羊座2018年4月20日(金)好きな人から、尽くしてもらえる予感。優しい態度に、惚れ直すかも。あなたの気持ちを、何かプレゼントにしてみては。2018年4月21日(土)運気は安定。何事にも、肩の力を...

【牡牛座/星占い/星座】4/20(金)から1週間分の星占い
2018/04/19 11:32牡牛座2018年4月20日(金)片思いの相手を振り向かせたいのなら、ライバルの存在は無視!マイペースに、自分らしさを大事にしていてください。2018年4月21日(土)人を頼ったり、甘えた態度を見せる...

『夫婦別姓訴訟 国は争う姿勢』のニュースを検索

夫婦別姓訴訟 国側は争う姿勢(ホウドウキョク) 夫婦別姓訴訟で、国側は争う姿勢を示した。サイボウズの青野慶久社長らは、日本人同士 - Yahoo!ニュース(ホウドウキョク)
夫婦別姓訴訟、国争う姿勢 青野氏「経済的損失」 夫婦別姓を選択できないのは戸籍法の欠陥で憲法違反だとして、東京のソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)ら4人が国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁で開かれ、国は争う姿勢を示した。 青野氏は戸籍上は妻の姓を選択…
夫婦別姓訴訟 国は争う姿勢 夫婦別姓を選べる法制度がないのは憲法に違反しているとして「サイボウズ」社長が国に賠償を求めた訴訟の…
サイボウズ社長らの夫婦別姓訴訟、国側は争う姿勢 夫婦別姓を選べる法制度がないのは憲法違反だとして、会社社長らが国を訴えている裁判の第1回口頭弁論が東京地裁で開かれ、国側は争う姿勢を示しました。  ソフトウェア会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)ら4人は、「日本人同士の結婚で別姓を選べないのは憲法違反だ」として、国に対し、あわせて220万円の損害賠償を求めています。  青野社長は結婚後、姓を妻の「西端」に変えましたが、仕事では旧姓を使用し続けていて、16日の裁判では「どれだけ多くの経済的不利益や不便とリスクが生じているか、ご理解いただきたい」と意見陳述しまし…
サイボウズ青野社長の「別姓訴訟」、日本会議への接近に戸惑う人たち 「夫婦別姓」を選べる法制度がないのは憲法に違反しているとして、「サイボウズ」の青野慶久社長ら男女4人が国に計220万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4月16日、東京地裁(中吉徹郎裁判長)で開かれ、国側は争う姿勢を示した。その主張する内容を詳しくみていくと、これを「夫婦別姓」と呼んで良いものか迷うのである。
東京地裁:夫婦別姓、国が争う姿勢 サイボウズ社長ら提訴 夫婦別姓を選べる法制度がないのは憲法に違反しているとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)ら男女4人が国に計220万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁(中吉徹郎裁判長)であり、国側は争う姿勢を示した。
サイボウズ青野社長の「別姓訴訟」、日本会議への接近に戸惑う人たち これは本当に「夫婦別姓」なのか? 「夫婦別姓」をめぐる裁判の価値と危惧「夫婦別姓」を選べる法制度がないのは憲法に違反しているとして、「サイボウズ」の青野慶久社長ら男女4人が国に計220万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4月16日、東京地裁(中吉徹郎裁判長)で開かれ、国側は争う姿勢を示した。「社会的地位のある」「男性」が、夫婦別姓を是とする裁判を起こし、問題提起を行なったことはしたことは、社会に大きなインパクトを与えた。「夫婦別姓」を望む人々だけでなく、この問題に今まで関心を持ってい 全文 現代ビジネス 04月19日13時00分
夫婦別姓訴訟、国側争う姿勢 サイボウズ社長「別姓選択実現を」 東京地裁で初弁論(産経新聞) 夫婦別姓を選択できないのは戸籍法の欠陥で憲法に違反するとして、ソフトウエア開発会 - Yahoo!ニュース(産経新聞)
夫婦別姓訴訟、国側争う姿勢 サイボウズ社長「別姓選択実現を」 東京地裁で初弁論 夫婦別姓を選択できないのは戸籍法の欠陥で憲法に違反するとして、ソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長(46)ら4人が国を相手取り、計220万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁(中吉徹郎裁判長)で開かれた。国側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。法廷では青野社長が意見陳述し、「夫婦共働きが当たり前になっている現代では、戸籍名と旧姓の使い分けという手間を全国で日常的に発生させている。(夫婦)同姓と別姓を当 全文 産経新聞 04月16日14時50分
戦後10例目の違憲判決をたった一人で勝ち取った異才、作花知志弁護士の「思考法」(弁護士ドットコム) 女性だけが離婚から半年間、再婚できないのは「法の下の平等」を定めた憲法14条に違反 - Yahoo!ニュース(弁護士ドットコム)

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/04/20 12:10更新