スマホで見られる最新ニュース > 岡崎体育

『岡崎体育』をGoogle Newsで検索

国立大:半数が解答非開示 入学前開示11校 17年入試 毎日新聞調査  学部入試のあるすべての国立大を対象に、毎日新聞が昨年の一般入試(前期日程)の解答例の開示状況を調べたところ、実技や小論文が主体の大学などを除いた78校のうち、半数近い37校が開示していなかった。出題ミスが見つかっても入学前に対応できる可能性がある3月末までに開示していたのは11校だった。大阪大や京都大で合否判定に影響する出題ミスが合格発表から1年近くたってから発覚し、高校や受験産業からは早期の解答例の開示を求める声が高まっている。文部科学省も公開を強く促す姿勢を示しており、今後は開示が進む可能性が…
鯨食文化 政治の波にあおられ 息づく伝統-対立する価値観 1969年、人類初の月面着陸に成功した米宇宙船アポロ11号には、マッコウクジラの頭部から得られる特殊な油「脳油」が使われたらしい。「極寒でも凍結しない潤滑油として60年代終わりまで重宝され、航空宇宙・軍需産業の発展に不可欠でした」公益財団法人、下関鯨類研究室(山口県下関市)の室長石川創(はじめ)さん(58)が説明する。調査捕鯨で団長などとして南極海へ14回航行。経験に裏打ちされた話に会場はうなずいた。1月下旬、福岡市の飲食店で開かれた「福岡 全文 西日本新聞 02月21日13時13分
【東日本大震災】「ありがとう」感謝の掃除 新校舎での生活前に間借りの校舎にお別れ 宮城・名取市 宮城県名取市閖上地区で4月、小中一貫校として開校する市立閖上小中学校。これに合わせて、東日本大震災後、市立不二が丘小(同市名取が丘)の教室を間借りして学んできた閖上小のお別れ会が不二が丘小体育館で開かれた。生徒たちは思い出の校舎に別れを告げて、新たな学び舎での学校生活をスタートさせようとしている。(塔野岡剛)同市の閖上地区は震災で約800人が犠牲になるなど、甚大な被害を受けた。閖上小も被害を受け、震災直後の平成23年4月から同小の生徒は不二が 全文 産経新聞 02月21日10時40分
高谷&栗原、1日で捕手2人が離脱したホークス 工藤監督「痛くて痛くて…」 高谷は右肘関節炎、栗原は左肩関節前方脱臼で残る支配下捕手は4人だけの緊急事態2年連続の日本一を目指すソフトバンク。現在、宮崎・生目の杜運動公園で春季キャンプを行っている王者だが、第5クールに入って想定外の事態に襲われた。高谷裕亮、栗原陵矢と2人の捕手が相次いで離脱。しかも、1日のうちに、だ。高谷はキャンプ序盤から抱えていた右肘痛が悪化し、第4クール終了後に一時チームを離脱。キャンプ休日だった19日に福岡市内の病院でMRI・CT検査を受け、右肘関節炎と診 全文 フルカウント 02月21日09時03分
【J1開幕直前クラブガイド】テーマは攻撃のガンバ復活…名伯楽レヴィー・クルピの下、奪還を《ガンバ大阪》 ▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第13弾はガンバ大阪を紹介する。◆新章へ【ノルマ:ACL出場権争い】(C)CWS Brains,LTD.▽2017シーズン、常勝を至上命題とするチームとして許されない失態を晒したG大阪。昨年限りで5年間の長谷川健太政権に終止符を打ち、今シーズンか 全文 超ワールドサッカー…
10回目を迎える「CDショップ大賞」は本屋大賞になれるのか 販売の最前線にいるCD店の店員が、有名無名を問わずおススメの作品を選ぶ「CDショップ大賞」(主催・全日本CDショップ店員組合)が、今年で10回目の節目を迎える。3月8日に大賞などが発表される予定だ。おススメ作品を手にしにCD店に足を運んでほしい、という店員らの願いが込められている。が、知名度向上など課題も多い。浸透京王相模原線の終点でJR横浜線が乗り入れる橋本駅北口に隣接するショッピングビル「ミウィ橋本」の3階にある山野楽器ミウィ橋本店では現 全文 産経新聞 02月21日17時06分
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ケイコとマナブ 2017年 人気おケイコランキング<ミドル層 35~49歳 女性・男性> <シニア層 50~69歳 女性・男性> ~「この1年間に経験した」&「今後やってみたい」 学び事・習い事~株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 文洋、http://www.recruit-mp.co.jp)が企画・運営する講座・レッスンの資料請求・予約サイト『ケイコとマナブ.net 』は、学び事・習い事事情を把握するた...
日本で急速に進む「宗教の観光利用」の危うさに気づいていますか 「政教連携」なんていうけれど… 近年、日本で宗教の観光利用が盛んになっている。パワースポットやスピリチュアルという表現をはじめ、「政教連携」といった言葉まで使われるようになっている。宗教と観光が一体となって地域を動員するようになった背景を、 宗教学・観光社会学を専門とする北海道大学准教授・岡本亮輔氏が読み解く。宗教の観光資源化が目立ってきた日本政府観光局によると、2017年の訪日外国人観光客数が2869万人となり、過去最大となった。前年比で19.3パーセントという驚異的な増加である。そして 全文 現代ビジネス 02月21日14時00分

『岡崎体育』の関連ワードby kizasi.jp

検索回数上昇中のフレーズ Yahooby yahoo.co.jp

2018/02/22 00:00更新