スマホで見られる最新ニュース > 平野歩夢

『平野歩夢』のニュースを検索

【スケートボード】スノボ平野歩夢の弟・海祝(かいしゅう)は6位入賞「東京五輪目指す」、スケボ日本選手権 スノボ平野歩夢の弟・海祝は6位入賞「東京五輪目指す」、スケボ日本選手権5/20(日) 19:49配信 スポニチ Sponichi Annex スポーツスケートボード日本選手権で6位入賞した平野海祝 Photo By スポニチスケートボードの... https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526849693/
平野のスケボー大会参加「待つ」 スケートボードでの東京五輪挑戦が期待される冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ2大会連続銀メダルの平野歩夢(19)=木下グループ=が、今夏のアジア大会(ジャカル...
【スケートボード】スノボ平野歩夢の弟・海祝(かいしゅう)はスケボ日本選手権6位入賞「東京五輪目指す」 1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/21(月) 05:54:53.67 ID:CAP_USER9 スノボ平野歩夢の弟・海祝は6位入賞「東京五輪目指す」、スケボ日本選手権 https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/05/20/kiji/20180520s00107000365000c.html スケートボード日本選
平野歩夢、スケボー日本選手権に不出場 弟・海祝はエントリー 日本ローラースポーツ連盟は15日、2020年東京五輪新種目のスケートボード・パーク種目の日本選手権(20日、新潟)の出場選手を発表した。冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ2大会連続銀メダルの平野歩夢(19)=木下グループ=はエントリーしなかったが、同じくスノーボードとスケートボードを両立する弟の平野海祝(かいしゅう、15)が登録された。ストリート初代日本王者の池田大亮(17)=ムラサキスポーツ=も出場する。パーク種目では初開催となるこの大 全文 デイリースポーツ 05月15日16時57分
平野歩夢の弟・海祝がスケボー日本選手権で6位「東京五輪を目指す感じで」 ◆スケートボードパーク日本選手権(20日、新潟・妙高市JWSCバタフライボウル)男子は平昌五輪スノーボード銀メダルの平野歩夢(19)の弟・海祝(かいしゅう、15)が55・00点で6位に入った。2020年東京五輪の新種目として実施される同種目で五輪代表を目指す。スノーボードに重点を置きながらではあるが、東京五輪の新種目に決まった16年を機にスケボーの練習を本格的に始めた。練「最終的には日本で1位とか、海外で通用する滑りをしたい。東京五輪が目 全文 スポーツ報知 05月20日 21時11分
スノボ平野歩夢の弟・海祝、6位で決勝進出 スケボ日本選手権 ◇スケートボード日本選手権(2018年5月20日新潟県妙高市JWSCバタフライボウル)スケートボードの日本選手権は20日、新潟県妙高市のJWSCバタフライボウルでパークが行われ、男子の予選で平野海祝(かいしゅう、15)が6位となり、上位8人による午後の決勝に駒を進めた。平野はスノーボード・ハーフパイプで五輪2大会連続銀メダルの兄・歩夢(19=木下グループ)と同様に、スノーボードの練習の一環としてスケートボードにも取り組んでいる。予選は2 全文 スポニチアネックス 05月20日13時23分
平昌銀・平野の弟が6位「決勝にも行けて良かった」 2020年東京五輪の新種目として実施されるスケートボードの日本選手権は20日、新潟県の妙高市JWSCバタフライボウルで五輪種目のパークが行われ、男子は今季プロツアー初戦で3位に入った19歳の笹岡建介が76・67点で、女子は16歳の四十住さくらが68・33点でそれぞれ優勝した。
平野歩夢スケボー大会に未エントリー 14日締め切りも関係者「ギリギリまで待つ」 スケートボードでの東京五輪挑戦が期待される冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ2大会連続銀メダルの平野歩夢(19)=木下グループ=が、今夏のアジア大会(ジャカルタ)代表選考会を兼ねるスケートボード日本選手権パーク(20日・新潟)に現時点ではエントリーしていないことが13日、分かった。締め切りは14日15時で、大会関係者は「出てくる可能性はかなり低いがゼロとは言えない。締め切りギリギリまで待ちます」と話した。平野は幼少期よりスノーボードと並行 全文 デイリースポーツ 05月13日21時41分
スキー連盟表彰式、最優秀選手に複合渡部暁「次こそ三度目の正直で金メダル」 全日本スキー連盟が2017~18年シーズンに活躍した選手らをたたえる表彰式が7日、東京都内で開かれ、最優秀選手賞にノルディック複合のワールドカップ(W杯)で日本勢として23季ぶり2人目の個人総合優勝を果たした平昌冬季五輪銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が選ばれた。
【スケートボード】パークの日本選手権が初開催 平野歩夢の弟も出場 2020年東京五輪の新種目に採用されたスケートボードの日本選手権が20日、新潟県妙高市のJWSCバタフライボウルで行われ、五輪種目のパークが実施された。男子は笹岡建介(19)、女子は四十住(よそずみ)さくら(16)が優勝し、今夏のジャカルタ・アジア大会の代表に決まった。パークの日本選手権開催は初めてで、9~23歳の男女計30人が出場した。すり鉢状のコースで次々と技を繰り出し、審査員が難度や完成度、オリジナリティーなどを総合的に採点。45秒間の 全文 産経新聞 05月20日19時27分
スノボ平野歩夢の弟・海祝は6位入賞「東京五輪目指す」、スケボ日本選手権 スケートボードの日本選手権は20日、新潟県妙高市のJWSCバタフライボウルでパークが行われた。予選上位8人による決勝は3回の演技の最高点で争い、男子は笹岡建介(19)が76・67点で優勝。池田大亮(17)が73・67点で2位、スノーボードの平野歩夢の弟・海祝(かいしゅう、15)は55・00点で6位だった。「いいランはできなかったが納得のいく結果。これが実力と分かった」。予選を6位で通過して迎えた決勝。平野は3回ともノーミスの滑りができずに予選 全文 スポニチアネックス 05月20日19時49分

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/05/26 03:25更新