スマホで見られる最新ニュース > 独りさびしい 漱石の手紙発見

『独りさびしい 漱石の手紙発見』のニュースを検索

独りさびしい 漱石の手紙発見 夏目漱石が友人宛てに「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」などと記したはがき3通が福井市内の古本店で見つかった。…
漱石直筆、友人宛ての手紙発見 「独リボツチデ淋イヨ」 夏目漱石(1867~1916)が英国留学中に、友人に宛てた自筆のはがき3通がみつかった。長年所在がわからなかったが、福井県立こども歴史文化館(福井市)が入手し、県が23日発表した。異国生活での率直な思いがつづられ、専門家は、留学時代の漱石の心情や友人との交流を探る貴重な資料として注目する。はがきは、福井出身の国文学者の芳賀矢一(はがやいち)(1867~1927)に宛てた1通と、ドイツ文学者の藤代禎輔(ふじしろていすけ)(1868~1927)に 全文 朝日新聞デジタル 05月23日11時00分
没後70年―太宰治を巡る東京観光と、小説のモデルになった女性
20世紀のメディアの主役となる岩波茂雄と正力松太郎「青春の日々」 【新連載】大衆は神である② 「千人にひとりか、百年にひとりの名編集者」夏目の「猫」の連載がはじまったころ、雑誌『中央公論』の本社は、本郷通りをはさんで東京帝大の向かい側に位置する駒込西片町(こまごめにしかたまち)にあった。本社といっても社長の麻田駒之助(あさだこまのすけ)の私宅を兼ねた、質素な木造の建物で、『中央公論』の印刷部数も約1500部にすぎなかった。『中央公論』はもともと「禁酒」と「道徳」を標語とする西本願寺系の修養雑誌だった。それを、創作文芸・社会評論を中心にすえ、日 全文 現代ビジネス 05月20日13時00分

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/06/18 17:00更新