スマホで見られる最新ニュース > 皐月賞

星占いカウントダウン

【フラッシュポエム】人生の休憩「無職」とは?【山田ケンタウルス】
2018/04/22 17:19親戚が集まる場所は避ける求人検索が立派な就活それっておごり?職業訓練校という給付金でとりあえず明日にしようなにかと一発狙い曜日感覚が狂う年齢より若い話題が幼稚すぐに辞める面接に行くの...

NHK、最近しつこくない?4/23(月)の星占いカウントダウン【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:452018年4月23日(月)の星占いカウントダウン2018年4月23日(月)の 第12位 双子座緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2...

【双子座/星占い/星座】4/23(月)から1週間分の星占い【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:12双子座2018年4月23日(月)緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2018年4月24日(火)大事な人には、些細なことでも報告...

『皐月賞』のニュースを検索

【皐月賞】キタノコマンドールにMデムーロ デビューから2連勝ですみれSを制し、タレント、ビートたけし(71)が命名したことで話題のキタノコマンドール(栗・池江、牡3)は、次走の皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)で、ミルコ・デムーロ騎手(39)と新コンビを組む。同馬を所有するDMMドリームクラブが29日、ツイッターで発表した。同馬は初戦はルメール騎手、2戦目は福永騎手が騎乗していた。
皐月賞結果 競馬のクラシック3冠レースの第一関門「第78回皐月賞」(GI・芝2000?)は、単勝7番人気の伏兵エポカドーロ(57?戸崎圭太騎手)が優勝。1冠を獲得した。道中、離れた2番手グループの先頭を進み、最後の直線に向くと力強い伸び脚を発揮、2着サンリヴァルに2馬身差を付ける圧勝劇だった。戸崎騎手、藤原英昭調教師とも初勝利。3着ジェネラーレウーノ・クビ差。4着ステルヴィオ、5着キタノコマンドールまでダービーの優先出走権が与えられる。1番人気を集めたワグネリアンは7着惨敗に終 全文 リアルライブ 04月16日08時25分
【ZBAT!ピックアップデータ】皐月賞 皐月賞の枠順が12日、JRAから発表された。前走・共同通信杯Vから直行するオウケンムーンは、〔5〕枠(9)番に決定。先週の桜花賞をアーモンドアイで制した国枝栄調教師(62)は、77年ぶり2人目の「同一年の桜花賞&皐月賞制覇」の快挙に挑む。
【皐月賞】ステルヴィオ・ルメールトーク --先週の追い切りに騎乗 「いい追い切りができたし、休み明けを使ってパワーアップしたね」 --前走を振り返って「去年はいつも忙しい競馬だったけど、前走は流れにも乗れたからね」 --距離は1ハロン延びる 「1800メートルよりも2000メートルの方がいい。折り合いも大丈夫」 --アーモンドアイの桜花賞に続く、2週連続GI制覇へ 「ダノン(プレミアム)もいないし、中山(コース)も経験している。今回も大きなチャンス。(アーモンドアイと同じ)ロードカナロアの子だしね。とてもいい馬」
【皐月賞】キタノコマンドール・ミルコトーク --追い切りの感触は 「初めて騎乗したけどよかったね。僕が乗ったら馬が(自分のやることを)分かっていた。乗りやすいし、賢い馬。乗る前に“歩様(ほよう=歩く様子)が硬い”と聞いていたけど、僕が乗った感じでは硬くなかった」 --デビュー2戦を見て 「最後の直線でいい脚を使っていたね。瞬発力がすごい」 --中山芝2000メートルでのイメージは 「いつも後ろから外を回ってくる競馬では、難しいレース。枠順やペース、展開がスムーズにかみ合えば」 --自身は皐月賞を4度制覇 「ドゥラメンテ(2015年優勝)ではゴールのときに4…
【皐月賞】ワグネリアン良化 《栗東》弥生賞2着のワグネリアン(友道、牡)は、CWコースで6ハロン82秒5-12秒0(馬なり)。大江助手は「精神的にも落ち着きが出てきたし、少しずつ大人になっています」と良化を伝えた。
【皐月賞】キタノコマンドール好時計 M・デムーロとの新コンビで皐月賞へ 「皐月賞・G1」(4月16日、中山)新馬-すみれSを連勝し、無傷2連勝を飾ったキタノコマンドールは29日、栗東CWでマウントゴールド(5歳1600万下)と併せて6F81秒6-37秒5-11秒7の好タイムをマーク。追走併入に、池江師は「相変わらず歩様は硬いが、筋肉の柔らかさでカバーできている。動きは良かったです」と納得していた。なお、M・デムーロと新コンビを組むことが決まった。 全文 デイリースポーツ 03月30日06時00分
【血統ピックアップ】皐月賞 血統背景から中山芝2000メートルの舞台適性が最も高そうだ。スピード豊かなジュンヴァルロに注目。周囲を驚かせる走りを期待できる存在だ。
【皐月賞】データ分析 ◆芝重賞実績 連対20頭中、勝ち馬9頭を含む16頭が芝の重賞勝ち馬。残る4頭中3頭には、芝1800メートル以上で重賞2着かオープン特別勝ちの実績があった。
【皐月賞】厩舎の話 アイトーン・五十嵐調教師「今週は坂路で予定どおりの追い切りができた。行ったほうがいい」 エポカドーロ・藤原英調教師「気性が前向き。先行馬がそろったが、自在性で対応してほしい」 オウケンムーン・北村宏騎手「今週は余裕を持って走れていた。現時点でどこまでやれるか」 グレイル・野中調教師「直前のひと追いで態勢は整った。素質があるし器用な競馬もできる」 ケイティクレバー・浜中騎手「一本調子ではないが、前へ行きたい」 サンリヴァル・藤岡調教師「前2走は勝負根性を生かせなかった。直線で併せる形になれば」 ジェネラーレウーノ・…
【皐月賞】血統診断 桜花賞はアーモンドアイが圧勝。種牡馬ロードカナロアは期待通り、初年度から素晴らしいスタートを切った。同産駒は今年、重賞を3勝。勝率は20・0%で、今年、重賞5勝(GI未勝利)で6・8%のディープインパクト産駒を上回っている。ここ一番での勝負強さが伝わってくるので、皐月賞もその産駒のステルヴィオをトップに評価したい。

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/04/22 21:25更新