スマホで見られる最新ニュース > 競技続ける気ない

『競技続ける気ない』のニュースを検索

日大選手 競技続ける気ない アメフトの定期戦で、関学大の選手を負傷させた日大の選手が会見。「続けるのが苦痛。自分にアメフトを続…
好きなスポーツ選手 大谷翔平が“イチロー超え”で初1位 女性人気1位は羽生結弦 中央調査社の人気スポーツに関する全国意識調査世論・市場調査を手掛ける中央調査社が人気スポーツに関する全国意識調査を実施。「最も好きなスポーツ選手」で、米大リーグのエンゼルス・大谷翔平が初の1位に輝いた。2年連続1位だったマリナーズ・イチローは2位、フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が僅差で3位となった。女性では羽生が1番人気となっている。4位にテニスの錦織圭、5位にフィギュアスケートの浅田真央が続いた。「好きなプロスポーツ」はプロ野球の1位が1996年か 全文 THE ANSWER 06月02日16時04分
松岡修造、JUMP知念侑李を「伝え方が具体的」と賛辞!2年連続『世界体操』でタッグ Hey! Say! JUMP・知念侑李が3日、テレビ朝日で放送される『世界体操』のプレゼンターに2年連続で就任。メインキャスターの松岡修造と再びタッグを組むことがわかった。 “世界体操”こと世界体…
【エンデュランス馬術競技】まるで馬のウルトラマラソン!種類・ルール・注意点┃一度やってみたい!珍しい海外スポーツ #4 国内ではあまり競技人口の多くない海外スポーツを取り上げ、その特徴やおもしろさを紹介する本連載。今回取り上げるのは、「エンデュランス馬術競技」です。競技について詳しくご存知の方は、おそらく少ないことで...
「フィンスイミング」で世界大会へ 北九州市の支援学校職員 厳しい環境下で挑戦 日本代表に フィンと呼ばれる足ひれを着けてプールを泳ぐ競技「フィンスイミング」の世界大会「ワールドカップマスターズ大会」(6月、スペイン・パルマ)に、北九州市の福岡県立小倉聴覚特別支援学校職員、田中健司さん(31)が日本代表として初出場する。競泳を上回るスピード感が魅力の競技だ。ただ、九州では競技人口が少なく、練習場所も限られる。競技歴1年未満ながらも厳しいトレーニングを積み、日本代表の座を射止めた。田中さんは小学校から大学までスイミングクラブで水泳を続 全文 西日本新聞 05月28日17時00分
馬術 大岩「五輪につなげたい」アジア大会へ意気込み 2020年東京オリンピックの馬術競技で日本のエースとして活躍が期待される41歳の大岩義明選手がNHKのインタビューに応じ、ことし8月にインドネシアで始まるジャカルタアジア大会について「すごい暑さの中で馬を走らせるのでいい経験となり、金メダルを取って東京オリンピックにつなげたい」と意気込みを話しました。
ショップライト・クラシック8日開幕 横峯さくら「一つでも上にいけるように」 米女子ゴルフの第15戦ショップライト・クラシックが8日、米ニュージャージー州のストックトン・シービューGCで開幕する。上原彩子(34=モスバーガー)、野村敏京(25=QCELLS)、に加え、横峯さくら(32=エプソン)の日本人3選手が出場。3日間競技で争われる。上原は前戦のメジャー、全米女子オープンでは今季2度目の予選落ち。切り替えて挑む今戦は「風が吹くコースなので、判断が大事になる。調子はまあまあ。3日間競技なので初日が大事。いいスター 全文 スポニチアネックス 06月08日14時40分
藤田菜七子が通算31勝クリアでGI騎乗可能に JRAの女性騎手として史上初 人気女性ジョッキー・藤田菜七子(20=根本)が17日、東京競馬3R(3歳未勝利戦、ダート1600メートル)で3番人気ベルクカッツェに騎乗して勝利。前日に続いての1着で今年のJRA9勝目を挙げた。この勝利でJRA通算29勝、JRA所属馬での地方競馬の勝利を合わせて通算31勝とし、GI騎乗条件をクリア。JRAの女性騎手として史上初のGI騎乗可能騎手となった。前日(16日)の東京競馬で1勝を挙げてリーチをかけ「次の1勝を早めにできるように」と話し 全文 東スポWeb 06月17日11時41分
福岡県糸島市にある小学校の校庭に元気な掛け声が響く 福岡県糸島市にある小学校の校庭に元気な掛け声が響く。フラッグフットボールチーム「マッスル糸島」を指導する加布里小主幹教諭の石井健一さん(47)は最近、小学生から質問された。「先生、あんなプレー、本当にあると?」石井さんが大学でアメリカンフットボールを経験したことを知っており、今回の「悪質タックル問題」が信じられないという表情だったらしい。アメフットを誰もが安全に楽しめるように「タックル」を禁止するなどして考案されたのがフラッグ。チームで戦う知 全文 西日本新聞 05月31日06時00分
東海大・奥田、首位にも冷静「まだベストではない。今日はそれほど」/陸上 ジャカルタ・アジア大会の代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権混成競技第1日は16日、長野市営陸上競技場で行われ、東海大の奥田が男子十種競技を引っ張っている右代、中村を押さえて前半の首位に立った。それでも「まだベストではない。今日はそれほど」と冷静だった。
2020年注目競技、スケートボードとは? 心地よい初夏の気候の5月。少し外で体を動かしてみるのには、絶好の気候ですね。東京・駒沢公園など大きな…

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/06/18 16:30更新