スマホで見られる最新ニュース > 維新と東北 革命大義あったか

星占いカウントダウン

【フラッシュポエム】人生の休憩「無職」とは?【山田ケンタウルス】
2018/04/22 17:19親戚が集まる場所は避ける求人検索が立派な就活それっておごり?職業訓練校という給付金でとりあえず明日にしようなにかと一発狙い曜日感覚が狂う年齢より若い話題が幼稚すぐに辞める面接に行くの...

NHK、最近しつこくない?4/23(月)の星占いカウントダウン【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:452018年4月23日(月)の星占いカウントダウン2018年4月23日(月)の 第12位 双子座緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2...

【双子座/星占い/星座】4/23(月)から1週間分の星占い【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:12双子座2018年4月23日(月)緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2018年4月24日(火)大事な人には、些細なことでも報告...

『維新と東北 革命大義あったか』のニュースを検索

各分野で「密告奨励」の動き、奨励金は最高で846万円―中国 中国メディアの工人日報は9日、「すべてがカネだ!これらの行為を通報すれば、奨励金は最高で50万元(約846万円)!」と題する記事を掲載した。密告に頼っても社会の秩序を維持しようとする、現在の中国当局の体質が改めて浮き彫りになった。記事はまず、2017年の「食品薬品違法行為通報奨励法」改正を紹介。それまでは30万元(約508万円)だった奨励金の最高額が50万元に引き上げられた。ただし、実際の奨励金の最高額は地方政府がそれぞれ決めるという。記事によると、黒龍江省ハル 全文 Record China 04月11日 22…
【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(1)東日本大震災で注目 独自の杭打ち工法 今年は明治維新150年。坂本龍馬はじめ維新の立役者を多く輩出した高知は、全県下で「志国高知幕末維新博」が開催されている。3月15日には全国に先駆けて桜が開花。例年以上の華やかさに包まれた。それに先立つ同月9日、1人の「いごっそう」(土佐弁で主義信念を貫く男)が米国フロリダ州オーランドで、建設などの技術開発に関する国際的な賞を日本人として初めて受賞。一足早く高知に「春」を運んできた。技研製作所(本社、高知市)の創業者で社長の北村精男(あきお 全文 産経新聞 04月16日10時02分
【コラム】民衆が貧しければ革命でない=韓国 ニューヨークタイムズは先月30日、「北朝鮮はK-POPの侵入に耐えられるだろうか」と題した記事を掲載した。平壌(ピョンヤン)訪問の南側芸術団にガールズグループRedVelvetが含まれたことに言及した。韓国軍はK-POPを非武装地帯で拡声器を通じて心理戦の武器として活用していて、K-POPが脱北の動機になり得るという点を想起させた。4月1日の公演で疑問は解けた。金正恩(キム・ジョンウン)委員長は公演を観覧した後、歌手と握手をして記念写真も撮った。 全文 中央日報 04月09日 17時04分
「お任せ」の政治から脱却するために――革新自治体という経験から学べること シノドス国際社会動向研究所(シノドス・ラボ)ではシリーズ「来たるべき市民社会のための研究紹介」にて、社会調査分析、市民社会の歴史と理論、政治動向分析、市民運動分析、地方自治の動向、高校生向け主権者教育、などの各領域において、「新しい市民社会」を築くためのヒントを提供してくれる研究を紹介していきます。 今回は『革新自治体 熱狂と挫折に何を学ぶか』の著者、岡田一郎氏にインタビューしました。(聞き手・構成/芹沢一也) 55年体制下の「革新」と「保守」 ――本日は革新自治体についてお伺いしたいのですが、「革新」といっても…
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書[評価0.5] - フェイクニュースを擁護するフェイク映画 個人的な感想だが、スピルバーグの映画には常に何か今1つ物足りないか今1つ余分なものを感じてしまい傑作と思ったことがかつて1度もない。 『シンドラーのリスト』が公開されて映画館で観たが、殺された少...
日本初の女性シンガー・ソングライターが辿ってきた「数奇な半生」 世界の近現代史と密接にリンク 突然の電話昨年12月の土曜日の朝、スマートフォンが着信を告げた。知人なら登録してあるので、その名が表示されるはずだが、見覚えのない番号が表示されている。一瞬、出るかほっとくか迷ったが出てみると、「あ、わたしです」と低い女性の声。私への電話で「わたし」と名乗るのは妻くらいのはずで、その妻は数メートルのところにいる。さて、誰だろう。そんな、こちらの戸惑いを感じたのか、「加藤です」と名乗った。その電話から、4ヵ月が過ぎて、1冊の本が出来上がった。加藤登紀子 全文 現代ビジネス 04月14日06時00分
北朝鮮、中朝共同戦線で戦う――「紅い団結」が必要なのは誰か?(遠藤誉) 朝鮮新報が「中国と共同戦線を構築して米朝対談に臨む」という論評を発表。アメリカに局勢の変化を知らしめるためとのこと。中共中央対外聯絡部の宋濤部長の動きと習近平思想との関連において、中朝関係を読み解く。 続きを読む
金正恩が訪中時、習近平に思わず漏らした「トランプへの本音」が判明 「あの男と対立したら…」 よく見ると、二人はまるで親子のように似ているではないか。5年余りにわたっていがみ合っていたのがウソのようにガッチリ握手。社会主義の独裁を貫く隣国の指導者同士は、何を密談したのか?「できれば頻繁に会いたい」まさに世界がアッと驚く電撃訪中だった。3月26日から27日まで、金正恩委員長が北京を訪問した。'11年12月に、父・金正日総書記が急死し政権を引き継いで以降、北朝鮮を離れるのは初めてのことだ。かつ、外国の国家元首と会談するのも初体験だ。迎え入れた習近平主席 全文 現代ビジネス 04月13日08時00分
学位論文要旨詳細 主査: 東京大学 教授 三谷,博 東京大学 准教授 森山,工 京都大学 准教授 駒込,武 東京大学 准教授 安冨,歩 東京大学 教授 村田,雄二郎 要旨を表示する 本論文は「翻訳」という観点をキーコンセプトとして、東アジアで「近代」と呼ばれている時代に生じた変動の意味を、特に明治日本におけるナショナリティの言説、および琉球との関係の展開に材を採りながら、明らかにしたものである。序論では現代...
[書評]『保守の遺言』 残された預言のゆくえ 西部邁氏の多摩川入水を聞いたとき、なぜか1970年におきた三島由紀夫の割腹自殺事件を思い起こした。西部氏は1988年に東京大学を辞職して、評論家に転じた。最初に書いた評論が三島由...
<変わった北、変わらない北(2)>飢餓問題解決の目標、対北制裁が足かせに 北朝鮮の歌「一気に」は金正恩(キム・ジョンウン)時代を象徴している。2012年に設立された牡丹峰(モランボン)楽団の代表曲だ。軽快な電子楽器のリズムで「一気に」という歌詞を繰り返す。ミサイル発射や核実験後の祝賀公演でこの楽団が必ず演奏する曲だ。この曲が流れると観客は手拍子をとり、席を立って踊ったりもする。「一気に」は金正恩国務委員長が執権後に追求してきた「一気に飛躍」の意志が反映されているという。「一気に飛躍」とは、社会主義体制をそのまま維持しな 全文 中央日報 04月18日 14時32分

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/04/22 21:15更新