スマホで見られる最新ニュース > 過労死

『過労死』のニュースを検索

テレビ朝日プロデューサーが過労死 テレビ朝日の50代のプロデューサーが「過労死」として、労災認定されていたことがわかりました。  三田労働基準監督署に「過労死」として労災認定されたのは、テレビ朝日の社員でドラマのプロデューサーをしていた50代の男性です。  テレビ朝日によりますと、男性は2013年、出張先で狭心症を発症し、2015年2月に心不全で死亡しました。男性は労働時間の制限を受けない「管理監督者」だったということですが、発症前の3か月の残業時間が70時間から130時間に達していたということです。  テレビ朝日は「社員の命と健康を守るための対…
休職・過労死を防ぐための産業保健活動が急務!健康経営のリアルがわかる本『企業にはびこる名ばかり産業医』を出版 [株式会社エムステージ] ◆止まない過労死事件 今、日本の産業界で注目されている「健康経営」。この背景には、超高齢社会による生産人口の減少、そして過重労働による労働者の不調、止まない過労死があります。労働者が健康に働く環境の...
過労死遺族らが「高プロ」削除を訴え 働き方改革関連法案について、家族を過労死で亡くした遺族らが高度プロフェッショナル制度の削除を求めるとともに、法案を強行採決しないよう訴えました。  「これ以上、過労死を増やさないで下さい。悲しい遺族をつくらないで下さい」(全国過労死を考える家族の会 寺西笑子さん)  家族を過労死で亡くした遺族や過労死弁護団などが16日夕方、会見し、働き方改革関連法案から、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」の創設を削除するよう訴えました。  過労死防止対策全国センター代表幹事の川人博弁護士は、…
首相 過労死遺族会と面談せず 過労死遺族でつくる「全国過労死を考える家族の会」が求めていた首相との面談について、政府は応じないと…
西城秀樹に“救われた”テレビ局の醜態報道 --- 奥村 シンゴ テレ朝社員、過労死認定…月に残業130時間も : 読売新聞 テレビ朝日のドラマプロデューサーが2015年2月に心不全で死亡し、同年7月に残業と死亡の因果関係を認め過労死を認定した。 テレ朝側は「有給休暇取得の奨励など働き...
安倍首相 過労死遺族と面談せず 過労死遺族でつくる「全国過労死を考える家族の会」が求めていた安倍晋三首相との面談について、政府は23日、応じないと表明した。この日の衆院厚生労働委員会で、内閣官...
【高プロ】過労死遺族、安倍首相に面談要請 ◆過労死遺族、安倍首相に面談要請 過労死の遺族でつくる「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表は16日、東京都内で記者会見し、政府が「働き方改革」関連法案に盛り込んだ高度プロフェッショナル制度(高プロ... https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1526480194/
【働き方改革】安倍首相、過労死遺族会との面談応ぜず 「NO MORE KAROSHI」と書かれた横断幕を手に座り込みをする過労死の遺族ら。安倍首相との面談を訴えた=22日、東京・永田町の首相官邸前 過労死遺族でつくる「全国過労死を考える家族の会」が求めていた安倍晋三首相... https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1527050354/
過労死 テレ朝社員に労災認定 テレビ朝日(東京都)でドラマを担当していた男性プロデューサー(当時54歳)が2015年に心不全で死亡したのは長時間労働による過労死だったとして、三田労働基準監督...
裁量労働制の男性死亡 労基署が過労死として労災認定 実際に働いた労働時間ではなく、一定の時間働いたものとして賃金が支払われる裁量労働制で働いていた28歳の男性が死亡し、労働基準監督署が長時間労働による過労が原因だったとして労災認定していたことがわかりました。
裁量労働の男性を過労死認定 東京都の不動産関連会社で、裁量労働制を適用され働いていた男性社員が昨年、くも膜下出血で死亡し、過労…

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/05/26 03:45更新