スマホで見られる最新ニュース > 3人転落死 被告に死刑判決

星占いカウントダウン

【フラッシュポエム】人生の休憩「無職」とは?【山田ケンタウルス】
2018/04/22 17:19親戚が集まる場所は避ける求人検索が立派な就活それっておごり?職業訓練校という給付金でとりあえず明日にしようなにかと一発狙い曜日感覚が狂う年齢より若い話題が幼稚すぐに辞める面接に行くの...

NHK、最近しつこくない?4/23(月)の星占いカウントダウン【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:452018年4月23日(月)の星占いカウントダウン2018年4月23日(月)の 第12位 双子座緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2...

【双子座/星占い/星座】4/23(月)から1週間分の星占い【山田ケンタウルス】
2018/04/22 14:12双子座2018年4月23日(月)緊張してしまう場面でも、ミスは怖がらないこと。あなたの応援をしてくれる人もいるはず。息抜きは甘いドリンクで。2018年4月24日(火)大事な人には、些細なことでも報告...

『3人転落死 被告に死刑判決』のニュースを検索

介護職の給料はなぜ「低賃金」のままなのか? その闇の深層 2014年11月に神奈川県川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で起こった連続転落死事件で、横浜地裁は3月22日、3件の殺人の容疑に問われた今井隼人(25)被告に対し、求刑通り死刑を言い渡した。今井被告の弁護団が無罪を主張した、客観的証拠がないままの死刑判決だった。
介護職の給料はなぜ「低賃金」のままなのか? その闇の深層 このままでは一生貧困が続く… また同じような事件を起こすはず2014年11月に神奈川県川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で起こった連続転落死事件で、横浜地裁は3月22日、3件の殺人の容疑に問われた今井隼人(25)被告に対し、求刑通り死刑を言い渡した。今井被告の弁護団が無罪を主張した、客観的証拠がないままの死刑判決だった。この判決に、筆者の周囲の介護職や介護関係者は背筋を凍らせている。今井被告の、3人の高齢者をベランダから投げ捨てるという行為は常軌を逸している。しかし、介護施設を運営し 全文 現代ビジネス 04月10日11時00分
裁判員制度、知らない間にずいぶん「骨抜き」にされていた 「素人にはやっぱり任せられない」…? 司法主導のもと、裁判官の都合で始まった裁判員制度。だが、制度がスタートすると、彼らの「想定外」が明らかになる。その状況を隠蔽するため、裁判官たちは本末転倒の「弥縫策」に走った――。みんなが死刑と言った「裁判員制度」がスタートして約10年。この間、裁判員として意見を述べてきた一般市民は約5万7000人にのぼる。ほかに、病気等で裁判員が出廷できなくなった場合の補充裁判員が約1万9000人選任されている。刑事事件の一審のみに適用される裁判員裁判は、3人の職業裁判官 全文 現代ビジネス 03月31日11時00分
無罪を訴えるも懲役3年…「揺さぶられっこ虐待事件」判決への違和感 揺さぶられっこ事件を問う⑤ 2018年3月13日。この日、大阪は3月とは思えない日差しに包まれ、汗ばむほどの陽気だった。淀屋橋のビルの谷間にある公園ではすでに早咲きの桜が満開となり、ベビーカーに子供を乗せた母親たちが思い思いの角度から青空と桜の花をバックに写真を撮っている。そんなのどかな光景を見ながら、私は大阪地裁へと向かっていた。生まれて間もない我が子への傷害罪に問われた母親に対する、一審判決を傍聴するためだ。「被告人を懲役3年に処す」ここ数カ月、「揺さぶられっこ症候群」をめぐっ 全文 現代ビジネス 03月30日13時00分
真実を知りたい…「アーチャリー」と呼ばれたわたしが考えていること 麻原裁判は、これでよかったのか 「ストップがかけられなかった」前回もお伝えしたように、この記事は、父の無罪を訴えたり、釈放を求めたりするものではありません。ただ、父が、父だけの知る事件の真実を語る必要が、まだあるのではないかと思っているということ、「詐病」とされ、治療もされないまま放置されている父に対して、本当に公正・中立な裁判が行われたのかという疑問を、綴りました。また、娘としては、とても耐えがたいことですが、父が事実を語り、適正な裁判を受けた上で、それでも死刑判決がくだるな 全文 現代ビジネス 04月01日11時00分
裁判中に居眠りし「帰りたい」とゴネる車椅子アウト老(アウトロー) 没落した発明家が最後に作ったものは? 車椅子の被告人の裁判は「何かある」この日の静岡県伊豆の国市は雨が降ったり止んだりを繰り返し、スッキリしない天気が夜まで続いていた。伊豆箱根鉄道沿線脇の住宅街に住む女性は仕事上がり、近所のスーパーで弁当を買い帰宅したところ、隣の家の前に、白い軽トラックが停められているのを見つける。隣家が炎に包まれたのはそれから数時間後のことだった。古い木造の一軒家が全焼するのに時間はかからなかった。消防活動も追いつかない中、火の粉を上げ轟々と燃える家からパジャマ姿 全文 現代ビジネス 03月28日06時00分
裁判員制度はやっぱり裁判官の「責任逃れ」が目的だった 建て前を信じてはいけません 「国民に開かれた司法」。裁判員制度は、そんな建て前の下に導入された。しかし、その根本には、「国民が参加していれば文句は言われないだろう」という思いが見える。制度の裏側に隠されたものとは。「ミスター司法行政」の暗躍「再審無罪ラッシュ」といわれるほど、確定死刑囚への無罪判決が相次ぎ、裁判所への厳しい批判が高まっていた1985年11月、「ミスター司法行政」と異名を取った矢口洪一が、第11代最高裁長官に就任した。矢口は、最高裁人事局長や事務総長など中枢部門を歩き 全文 現代ビジネス 03月27日11時00分
「なんで私なの」善意が減らしていったサリン事件被害者の会代表の居場所 なぜ普通の主婦だった彼女が代表を引き受けることになったのか(写真: ジャバ / PIXTA)上智大学文学部新聞学科の水島宏明教授が指導する「水島ゼミ」は、大学生に小さなビデオカメラを持たせ、この世の中にある何ら
セキュリティホール memo - 各種 OS のセキュリティホールの備忘録
Chrome Stable Channel Update for Desktop セキュリティホール memo - 各種 OS のセキュリティホールの備忘録
「済州4.3事件」70周年を迎えた韓国の今 -国家による暴力と分断を越えて(徐台教) 韓国一の観光地として知られる済州島(チェジュド)。この島で70年前、島民全体の10分の1が犠牲となる痛ましい出来事があった。韓国現代史に深い爪痕を残す「済州4.3事件」の過去と現在についてまとめる。 続きを読む

検索回数上昇中のフレーズGoogle/Yahoo/Goo

2018/04/22 21:05更新